2014年5月30日金曜日

「ガールメイキル」2巻発売記念 【中華街&殺し屋少女】コミック合同キャンペーン!!


(あらためて詳細なお知らせです!)
『ガールメイキル』2巻発売記念!!
【中華街&殺し屋少女】『ガールメイキル』×『アサシンichiyo』コミック合同フェア開催!

6月10日(火)の『ガールメイキル』2巻発売にあわせ、
紀伊國屋書店 新宿南店さま(http://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Shinjuku-South-Store/)にて『ガールメイキル』(板倉梓/双葉社)&『アサシンichiyo』(細野不二彦×信濃川日出雄/ヒーローズ)のコミック合同フェアを開催します!

2作品とも「中華街」を舞台に暗躍する「女暗殺者」を描き、著者同志の親交も深いことから今回のフェアは実現しました。

フェア中、同店の屋外展示スペースには作品の「複製原画展」を開催!
特製ポスターとともに必見の展示会となっています。
また同店にて『ガールメイキル』または『アサシンichiyo』を購入すると「オリジナル合作漫画」が掲載された特典ペーパー"特大A3サイズの特製新聞・港市中華新報(号外)"をもれなくプレゼント!
また、数量限定にて著者サイン本も店頭に並びます

そして、新宿南店へはちょっと遠い…という方のために、今回の特典ペーパーの抜粋版(A4サイズ)を全国の紀伊国屋書店チェーン店(の一部の店舗)にて特典封入していただけることになりました!「ガールメイキル」2巻初版限定にて、購入はお早めに!

これを機に、みなさんぜひ両作品をお手に取ってみてください!!!!!!!!!!


板倉梓&信濃川日出雄によるWebトークショーも6月5日より公開中!


「ガールメイキル」に登場するラジオDJを信濃川日出雄が演じ(!?)、それぞれの作品のお話、ツイッターで募集していたQ&Aや、合作マンガ制作の打ち合わせの模様をそのまま収録!なんと1時間30分以上、たっぷり楽しめる内容になっています。
(スカイプ通話を録音し編集したものです。一部音声に乱れがありますがご了承ください)






ーーーーーーーーーーーーーーーー

ということで季節外れのキャンペーンをわっしょ〜〜いとやらせていただきます!
みなさま、この機会に両作品をチェックしてみてくださいね!

WEBトークショー、面白かった〜〜。マンガの話だけでなく映画の話やら何やらずっとしています。特に一番面白いと思うのが、最後の30分間、3pの合作マンガの打ち合わせを収録した部分。ゼロから終わりまで喋りながらネームが出来上がっていく様子を聴いてみてください。


2014年5月29日木曜日

読切(8p)寄稿しました

(下記、ナタリー様より引用)

土田世紀、16歳の初投稿作やトリビュートなどが単行本化


2012年に逝去した土田世紀の作品やトリビュートなどを集成した単行本SEIKI -土田世紀 43年、18,000枚の生涯- (IKKI COMIX) が、5月30日に小学館からリリースされる。
本書は5月31日より、京都国際マンガミュージアムにて土田の全原画展が開かれることを記念し刊行されるもの。16歳の土田により描かれた初投稿作「やりきれない気持」が完全収録されるほか、「俺節」「編集王」「同じ月を見ている」「雲出づるところ」「ハタチ」の第1話と短編「キャット空中一時停止」が収められる。
さらに松本大洋、上條淳士、新井英樹、すぎむらしんいち、日本橋ヨヲコ+木内亨、えすとえむ、信濃川日出雄、青野春秋、ほしよりこといった面々によるトリビュート作品とメッセージも掲載。また京都国際マンガミュージアムによる研究コーナーも充実し、ファンならずとも必見の1冊となりそうだ。
なお5月31日から実施される「土田世紀全原画展――43年、18000枚。」では松本、新井、すぎむらによるトークショーやシンポジウムなども催される予定だ。会期は8月いっぱいとなっているため、遠方のファンも夏の予定に組み込んでみては。

「土田世紀全原画展――43 年、18000 枚。」

会期:2014年5月31日(土)~8月31日(日)※毎週水曜は休館、ただし7月10日~8月31日は無休
時間:10:00~18:00(最終入館は17:30)
会場:京都国際マンガミュージアム 2階 ギャラリー1、2、3、6
住所:京都府京都市中京区烏丸通御池上ル
料金:無料(ただしマンガミュージアム入場料は別途必要)
ーーーーーーーーーー
IKKI編集長の江上さまより、土田世紀さんへのトリビュート作品を何かとご依頼を受けまして、自分なんかが何を描けるだろうか・・・と思ったのですが、これまで少なからず様々な漫画家さんから影響を受けて自分も漫画家をやっておりますが、土田世紀さんからの影響も大きなものがあり、そんな自分の中に形成されている「土田フィルタ」だけを通して読切を描いてみようと思って、挑戦させてもらいました。俺こそが末席の手本だと言わんばかりに、名だたる名手の皆様の末席に参加させてもらっています。どうぞご一読くださいましたら幸いです。
43歳…若すぎますね…

2014年5月21日水曜日

Podcast第3回

Podcast第3回アップしました〜!
第3回のフリートークのテーマは、現在の仕事場の近況報告、5月15日札幌ペニーレーン・サンボマスターライブにみんなでお邪魔したお話、仕事場で流行っている「水曜どうでしょう」について熱く語ってしまいます!スタッフ・サリーちゃん、藤村Dに会ったことあるんだって?
noteにてノーカット有料版と、一部編集した無料版を配信中です。有料版は100円、noteへのクレジットカードの登録が必要となります。
有料版、無料版ともに下記リンク先からストリーミングで、又はダウンロードしてお聴きください。

■有料版 1時間11分 https://note.mu/shinanogaw/n/nbb59d35dc395

■無料版 31分 https://note.mu/shinanogaw/n/ne0e404863620

noteについて

※無料版はSoundcloudでもお聴きいただけます

■漫画家・信濃川日出雄のマル秘オーディオコメンタリー/第3回「fine.第3〜5話解説と、水曜どうでしょうのお話!え?サリーちゃん、藤村Dと飲んだことあるの!?」 ■出演:信濃川日出雄、スタッフとりくん、ゾンビちゃん、サリーちゃん■「fine」「ヴィルトゥス(原作:義凡)」「少年よギターを抱け」など、人の心をえぐる衝撃的な作品を描くあまりに自分の心までえぐって憔悴しがちな漫画家・信濃川日出雄が、過去作品や現在の作品についてのお話を、現在の作画スタッフと供に、札幌の某川にかかるミュンヘン大橋のたもとにある秘密基地「リバーサイド・しなの川」よりお届けします。映画DVDの特典についているスタッフや出演者によるオーディオコメンタリーをイメージしてください。詳細な作品解説を予定していますので、お手元に拙著を用意してページをめくりながらお聴きいただくとより楽めるでしょう。 さらに、デビュー前の苦労話、今だから言える恥ずかしい失敗談、漫画業界の裏事情、現在連載中の2作品「少年よギターを抱け」「アサシンichiyo(原作:細野不二彦)」の制作秘話、新作のアイデア(?)まで、脱線も想定内の、毎回何が飛び出すかわからないお話になること間違いなし! ■第3回のフリートークのテーマは、現在の仕事場の近況報告、5月15日札幌ペニーレーン・サンボマスターライブにみんなでお邪魔したお話、仕事場で流行っている「水曜どうでしょう」について熱く語ってしまいます!スタッフ・サリーちゃん、藤村Dに会ったことあるんだって?■番組中で曲を紹介させていただきました!ザ・キャプテンズ「失神ロック」■信濃川日出雄プロフィール/2006年ビッグコミックスピリッツでデビュー。「fine.」「ヴィルトゥス(原作:義凡)「SIN」と、エグい漫画を立て続けに発表し、エグい漫画ファンのあいだにその名を轟かせるが、2010年、突然フィールヤングで生真面目な恋愛結婚漫画を描き、ファンを戸惑わせる。2011年、北海道・札幌に転居。2014年、現在は札幌を舞台とした高校生バンド漫画「少年よギターを抱け」(ジャンプ改)と、中華マフィアに支配された近未来の歌舞伎町が舞台の女殺し屋漫画「アサシンichiyo(原作:細野不二彦)」(ヒーローズ)を鋭意連載中。音楽とサッカーが好き。

2014年5月9日金曜日

Podcast第2回配信開始!!


Podcast第2回アップしました!
noteにてノーカット有料版と、一部編集した無料版を配信中です。有料版は100円、noteへのクレジットカードの登録が必要となります。
有料版、無料版ともに下記リンク先からストリーミングで、又はダウンロードしてお聴きください。

■有料版 1時間19分 https://note.mu/shinanogaw/n/neaa2bf8e1944

■無料版 37分 https://note.mu/shinanogaw/n/na5c809607c7d

noteについて

■漫画家・信濃川日出雄のマル秘オーディオコメンタリー/第2回「fine.第2話解説と、単行本発売記念イベントのお話!」 ■出演:信濃川日出雄、スタッフとりくん、ゾンビちゃん、サリーちゃん■「fine」「ヴィルトゥス(原作:義凡)」「少年よギターを抱け」など、人の心をえぐる衝撃的な作品を描くあまりに自分の心までえぐって憔悴しがちな漫画家・信濃川日出雄が、過去作品や現在の作品についてのお話を、現在の作画スタッフと供に、札幌の某川にかかるミュンヘン大橋のたもとにある掘っ立て小屋「リバーサイド・しなの川」よりお届けします。映画DVDの特典についているスタッフや出演者によるオーディオコメンタリーをイメージしてください。詳細な作品解説を予定していますので、お手元に拙著を用意してページをめくりながらお聴きいただくとより楽めるでしょう。 さらに、デビュー前の苦労話、今だから言える恥ずかしい失敗談、漫画業界の裏事情、現在連載中の2作品「少年よギターを抱け」「アサシンichiyo(原作:細野不二彦)」の制作秘話、新作のアイデア(?)まで、脱線も想定内の、毎回何が飛び出すかわからないお話になること間違いなし! ■第2回のフリートークのテーマは、今年の2月14日、札幌で開催された少年よギターを抱け単行本2巻発売記念イベントのときのお話です!■番組中で曲を紹介させていただきました。佐々木萌「ヘイト・ミー・ソング」/オトノエ「すばらしい世界」/レムチャップ「キスくらい」/あららら「さよならせかい」/※トーク中BGMとして股下89「原始くん」■信濃川日出雄プロフィール/2006年ビッグコミックスピリッツでデビュー。「fine.」「ヴィルトゥス(原作:義凡)「SIN」と、エグい漫画を立て続けに発表し、エグい漫画ファンのあいだにその名を轟かせるが、2010年、突然フィールヤングで生真面目な恋愛結婚漫画を描き、ファンを戸惑わせる。2011年、北海道・札幌に転居。2014年、現在は札幌を舞台とした高校生バンド漫画「少年よギターを抱け」(ジャンプ改)と、中華マフィアに支配された近未来の歌舞伎町が舞台の女殺し屋漫画「アサシンichiyo(原作:細野不二彦)」(ヒーローズ)を鋭意連載中。音楽とサッカーが好き。