2016年8月4日木曜日

日記 20160804 届いた!



きました!!!!
単行本が。

全国(いや、韓国版と台湾版も出ますので、そちらにも)各地へ、
旅立ち前の親子の別れ……単行本を目の前に静かなひとときを過ごしております。

尊敬する先輩漫画家さんがいつだったか
「描いて世に出してしまったら、あとは読者のもの」
「作者は何も言うべからず」というようなことを言ってらっしゃっておりまして、
ああ、俺もそういうふうでありたいと、その言葉をきいて以来心がけております。
送り出すまで、出来る限りのことをする、どれだけ出来るか、です。
出てしまったら、もうどうにもなりません。
(正確に言うと重版時に、微修正できたりしますが、
そういう裏技は読者の方は知らなくてよいのでございます)

帯にギョウギョウしい数字も並んでおりますが(10万部…!)、
これで、当面の打ち切りはなくなりましたよ。皆さん。
「山と食欲と私」をもっともっと続けられることがとにかく嬉しいわけです。
おめでたい、幸福なことなのでございます。
幸福とはこういうことを言うんだと思うのです。
関係各位並びに家族と、そして何よりご購入くださった読者の方にお礼申し上げます。
めっちゃありがとう。
担当編集氏もうまくいけば10巻とか10年とかそういう言葉を出してくれているので、
質を落とさないように息の長い作品していきたいなと思う次第です。

この作品を描く前は、漫画家やめようかなぁと悩んでいたんですけど、
復活しました。
デビュー時からしばらく真面目な俺は、作画中に飲酒するなど言語道断だ!追込んで追込んで俺よクソ真面目に描け!と眉間にゴルゴばりの皺をよせてストイックにやってきたんですけど、この作品は夕方暑い日なんかはビール1本程度、プシュッとあけまして、少しだけ飲酒しながら、「あ〜〜申し訳ないなぁ〜〜♪」と、言いながら毎日楽しく描いてるんです。
まぁさすがに朝からは飲まないですけど、朝型で仕事してるんで、朝から頑張って、夕方になったらいいじゃないですか。
漫画家が楽しまないと、漫画も楽しくならないし、鮎美ちゃんの笑顔が一番ですからね。
そしたらね、いま漫画家人生で一番の売れ行きなわけです。
なんでしょうね。
わからないものでございます。

みなさん、仕事っていうのは、わからないものです。
ただひとつだけ言えるのは続けていると何かが起きるという事です。
シュートは打たなきゃ入りません、ですが、
打っても打ってもどうやったっても入らないときもあるわけです。
それでもなんとか試合にだけでも出続けていると、
たまにお尻にボールがあたって、打ったつもりはないのに
入っちゃうことだって起きるわけです。
それは試合に出ていたからです。
試合に出続けることは大事なわけです。

そうだ、ということで明日、ついにオリンピックサッカー代表戦ですね。
楽しみで仕方ありません。ナイジェリアがちょっとかわいそうですけど、
いい試合になればいいなぁと思います。

それから話題2つめ。


http://srdk.rakuten.jp/entry/2016/08/04/110000
こちら、感動して泣きました。
マンガ食堂という書籍の著者である梅本ゆうこさんが、実際にマンガにでた山に登ってメスティンでオイルサーディン丼を作ってくださっている様子を克明に、そして動画まで(!)記事にされています。
感無量ってなんでしたっけ。
こういう時に使う言葉なんじゃなかったっけ。
ありがたくて泣けます。感謝です。ぜひみなさん読んでみて!

さて今日の話題3つめ。
今朝は右手の中指の蓄積疲労がけっこうきつく、
ペンを握るのが痛かったので(冗談でなく本当に…)、
指を休ませるべく、マンガ原稿は休んで山トレに行ってきました。

札幌ではおなじみ藻岩山です。
蒸し暑かった〜。
日本アルプス取材ツアーのための体力作りなので
2往復しました。登って、山頂、下りて、もう一回登って、山頂、また下山。
自宅⇔登山口のあいだも徒歩移動なので、計6時間ほど。
まぁ汗かきましたよ。いい運動になりました。
取材ツアー楽しみです。

午後からは指は痛いですが、原稿作業再開です。半日も休めば十分でしょう。
こいつめ、働け。
もうひとふんばりなわけです。
これが終わったら2週間は書き物しないですからね。
手も治るでしょう。
もうひとふんばり。